照明器具とは

   

部屋やオフィス、建物を明るく照らす照明器具は、生活になくてはならないものです。照明器具は建物の設計段階で組み込まれていることがほとんどなので、普段はあまり気にすることがないという人も少なくありません。部屋の明かりが適切な明るさで、天井から下へむけて照らされていると、作業がはかどり居心地のよい部屋になります。
部屋全体を照らす目的で天井の真ん中に設置される照明は、ほとんどの部屋にあります。照明はやや光源が強くしっかりした明かりが使われます。おしゃれなものもありますが、どちらかというと機能性が重視されます。
同じく部屋全体を照らすものの、主にある部分をしっかり照らしたいということもあります。キッチンや居間、リビングといった人が常に集まるところのテーブル部分や、部屋のインテリアとして真っ先に目がいくところには、ペンダントタイプの照明器具が使われます。

一室一灯と多灯の違い

主照明であるシーリングタイプの照明だけを部屋に設置することを、一室一灯タイプといいます。昔はこういう部屋が一般的でした。しかし、節電タイプの照明器具やコンパクトなタイプなど様々なタイプのものが出てきたため、部屋の照明にも変化が出てきました。主照明と補助照明を効率的に使う場合が増えています
補助照明は主照明ほど明るくなく、部屋の一部分を照らすものです。部屋が小さい場合、また天井には照明が設置しにくいところがあります。照明は明るくなくて良いですが、まったくないのも機能的ではないため、こういった場所にはブラケットタイプの照明器具を使用し壁に設置します。スタンドタイプの照明や、足元を照らすフットライトなどを併用することもあります。必要なところだけ電気を使い、そうでないところは消灯する、という使い方が可能です。

ランプの種類

照明器具は中に設置するランプの種類によっても、印象が異なります。最近はLED電球が主流です。発熱量が少なく、寿命は長いので節電対策としてもよく宣伝されています。最初からLEDにしていると、長い目で見て節電になりますが、後から家で使われる電球をLEDに変えたい場合、初期費用がかかります。
白熱電球やハロゲン電球は昔からあるもので、発熱量が多く裸電球が適している倉庫やトイレ、屋外の明かりなどに使われます。電気代は高いので、短時間明かりが必要なところに使われる傾向にあります。蛍光灯は長持ちし電気代の節約にもなるため、オフィスや勉強部屋など長時間照明が必要なところに使われます。

ピックアップ記事

インテリアとしての照明器具

照明器具は、部屋を照らし室内で作業を行う際の効率を上げるという目的があります。しかし機能的なだけではなくインテリアの一面も併せ持っています。例えばキッチンやリビングといった家の中の中心にあたる部屋には...

照明器具の役割分担

照明器具は、部屋の用途、大きさ、種類によって役割が異なってきます。明るく強い光源が必要な時もあれば、柔らかい光が必要なときもあります。外の天候にあわせて、光源を調節することもあります。細かい作業をする...

間接照明を取り入れる照明器具

照明器具を効果的につかうと、部屋の雰囲気をガラッと変えたり、気持ちをリラックスさせるのに役立ちます。直接照明は部屋を直接照らすタイプで、主に天井から下に向かっています。シーリングタイプ、シャンデリア、...

照明器具の取り付け

毎日使っている照明ですが、人が生活し仕事をし、様々な活動を行うために不可欠なものです。あって当たり前の環境の中にいるので、意識することはないかもしれませんが、自宅やオフィス、どんな建物でも設計時に電気...