インテリアとしての照明器具

   

照明器具は、部屋を照らし室内で作業を行う際の効率を上げるという目的があります。しかし機能的なだけではなくインテリアの一面も併せ持っています。例えばキッチンやリビングといった家の中の中心にあたる部屋には、おしゃれで機能も備えている照明器具を使いたいと思うのではないでしょうか。アクセントとしても大切で、ソファやテーブルの雰囲気と合わせてトータルコーディネートしている人も多いでしょう。
一歩家に足を踏み入れると照明の明るさ、デザインと室内がマッチしていて居心地の良さを感じます。それでシャンデリア風のものやペンダント式の照明器具は重要な役割を果たします。

部屋のコーディネートに合わせる

照明はあくまでアクセントであり、部屋全体のコーディネートの一つです。それを踏まえた上でカタログやインターネットの写真、店頭に置いているサンプルなど様々なものを参照に、自宅に合うものを探す必要があります。
洋風で白い壁の家なら、北欧風の照明器具がマッチするのではないでしょうか。暖かい暖色のインテリア、木製のフローリングを美しく見せるコーディネートが良いです。和風の家なら電球の回りに、白い和紙を提灯のように加工をしているものがおしゃれです。白い和紙の効果で光が強くなく柔らかな雰囲気を楽しめます。和紙の加工面が光に照らされて色々な陰影ができるのも魅力の一つです。
家が狭い場合、天井までの高さがそれほどない場合は、ペンダント式の照明は場所をとるため天井にはめ込むタイプやシーリングタイプの照明が良いです。

部屋の機能や省エネから照明を考える

照明を設置するうえでもう一つ大切なことは部屋で何をしたいか、どんな機能を持たせたいかということです。
例えば、子供の勉強部屋なら明るくしっかりと照明があり、机の上で勉強しても影ができにくいものが良いでしょう。トイレや廊下といったところは普段は照明をつけない場所です。しかし人が歩くときには照明があるように、センサー付きのものや足元を照らすフットライトをつけるのが効果的かもしれません。
どんな機能がぴったりか、節電になるか考えてみると良いです。インターネットなどで照明器具を販売しているショップがあります。また店頭で直接サンプルを見ることができるショップもあります。照明器具は買って取り付けるまでイメージできにくいため、事前に写真などをよくチェックすることが大切です。

ピックアップ記事

インテリアとしての照明器具

照明器具は、部屋を照らし室内で作業を行う際の効率を上げるという目的があります。しかし機能的なだけではなくインテリアの一面も併せ持っています。例えばキッチンやリビングといった家の中の中心にあたる部屋には...

照明器具の役割分担

照明器具は、部屋の用途、大きさ、種類によって役割が異なってきます。明るく強い光源が必要な時もあれば、柔らかい光が必要なときもあります。外の天候にあわせて、光源を調節することもあります。細かい作業をする...

間接照明を取り入れる照明器具

照明器具を効果的につかうと、部屋の雰囲気をガラッと変えたり、気持ちをリラックスさせるのに役立ちます。直接照明は部屋を直接照らすタイプで、主に天井から下に向かっています。シーリングタイプ、シャンデリア、...

照明器具の取り付け

毎日使っている照明ですが、人が生活し仕事をし、様々な活動を行うために不可欠なものです。あって当たり前の環境の中にいるので、意識することはないかもしれませんが、自宅やオフィス、どんな建物でも設計時に電気...


ポイント